ヨーグルトで花粉症対策をするデメリット

ヨーグルトの花粉症対策のデメリットは日持ちせず冷蔵庫の場所もとる

前回の記事で

 

ヨーグルトで花粉症対策をするメリット

 

を考えました。

 

【ヨーグルトで花粉症対策をするメリット紹介記事はこちら】
ヨーグルトで花粉症対策をするメリットは副作用がないという点である

 

ヨーグルトで花粉症対策をするメリットとしては

  • 副作用がない
  • おいしい
  • 花粉症対策以外の効果も期待できる

こういったものがありました。

 

 

では逆に

 

ヨーグルトで花粉症対策をするデメリット

 

はどのようなものがあるのか考えていきます。

 

ヨーグルトは賞味期限が短い!まとめ買いができない

【ヨーグルトは賞味期限が短い】

 

という点があるでしょう。
製品にもよりますが、基本ヨーグルトは生ものですから
賞味期限が短いので、まとめ買いができません。
そのため、ちょくちょくヨーグルトを買いにスーパーに行かなければなりません。

 

女性は買い物好きな人も多いでしょうから、苦に思わないかもしれませんが
男性にとっては、よくスーパーに行くというのがめんどくさく感じる人もいるでしょう。

 

 

ヨーグルトは賞味期限が短いから、買い溜めしにくいのよね。


 

ヨーグルトは冷蔵庫の場所をとる!冷蔵保存

ヨーグルトは生ものという点で

 

【冷蔵庫の場所をとる】

 

というのもデメリットでしょう。
450gサイズのヨーグルトを2,3個購入しただけで
冷蔵庫の場所を占領してしまいます。

 

 

家族でヨーグルトを食べている家庭になると
冷蔵庫がヨーグルトでいっぱいということにもなりかねません。

 

 

大家族なほど、ヨーグルトでの花粉症対策は、冷蔵庫の場所を多く取るわ。
冷蔵庫がヨーグルトだらけになってしまう家庭もあるんじゃないかしら。

 

でも早いスピードでなくなっていく点は助かるわね。


 

ヨーグルトの乳酸菌の健康効果は、人によって考え方が違う

他にヨーグルトのデメリットといえば

 

【人によって、ヨーグルトの健康効果の意識が違う】

 

という点があると思います。

 

乳酸菌にはいろいろな種類もあるからか
「A社のヨーグルトは健康にいいが、B社のヨーグルトは効果がない」
という人がいたり
「無糖ヨーグルトは健康にいいが、加糖ヨーグルトはイマイチ」
という人など、人によってヨーグルトの健康効果への考えは違います。

 

 

健康に確実なものというのはありませんから
注目を集めれば集めるほど、ヨーグルトに否定的な意見を挙げる人も多くなってきます。

 

実際ヨーグルトを食べたけど、効果をなにも感じられず
ヨーグルトアンチになってしまう人もいるでしょう。

 

「ヨーグルトを食べるよりも、病院にいって花粉症の薬をもらったほうがいい」
という、病院しか信じないという人もいます。

 

人によって、ヨーグルトの効果への意識が違うという点もデメリットだと思います。
評判を信じやすい人は、注意したいところです。

 

 

乳酸菌の効果は人との相性で変わってくるわ。

 

家族で同じヨーグルトを食べていても、効果が実感できる人もいれば、効果が感じられない人もいるかもしれないわね。


 

ヨーグルトの健康効果は、信じられる人向けです。

 

そういう点で、ヨーグルトを食べるより、薬を飲むほうを選ぶ人も多いです。
花粉症の薬なら、即効性があり、効果を実感しやすいですから。

 

乳酸菌の効果は即効性がイマイチで、時間がかかるんですよね。
花粉が舞う2,3ヶ月前から乳酸菌を摂取していたのに、花粉症の症状がでてがっかりしている人もいます。

 

 

ヨーグルトのデメリットまとめ

ヨーグルトのデメリットをまとめると

  • 賞味期限が短い
  • 冷蔵庫の場所をとる
  • 人によってヨーグルト効果の意識の差が激しい

こういったものがあげられます。

 

賞味期限の問題や冷蔵庫の場所をとるのがいやなら
乳酸菌サプリメントや、賞味期限が長い乳酸菌飲料を購入するといいでしょう。

 

 

 

乳酸菌サプリメントや、ペットボトルタイプの乳酸菌飲料は
賞味期限が長いものが多かったり、常温保存できます。

 

 

ペットボトルタイプの賞味期限の長い乳酸菌配合製品は、生きた乳酸菌ではなく、殺菌された乳酸菌を配合した製品も多いから、そこは覚えておきたいね。

 

死菌となった乳酸菌でも効果はあるんだけど、生きた乳酸菌が効果が高いとされているよ。


 

ヨーグルトの効果の評判が人によって差があるというのはしょうがないと思います。
ヨーグルトを悪くいう人もいれば、驚くほどヨーグルトを絶賛している人もいますから。
最近はメーカー側があまりにもヨーグルトや乳酸菌の効果をよくいうので
反発したくなる人も多いのかもしれません。

 

 

こういったヨーグルトでのデメリットがあるのは

 

乳酸菌の効果を実感するためには断続して摂取する必要がある

 

からだと思います。

 

毎日乳酸菌を摂取しないと効果を実感しづらいために
ヨーグルトを購入する必要があり、冷蔵庫の場所をとります。
毎日ヨーグルトを食べるのが苦になってしまい
効果を実感する前にヨーグルトを食べなくなくなってしまう人もいるでしょう。

 

ヨーグルトで花粉症対策をするのなら
ヨーグルトが好きではないときびしいのかもしれませんね。

 

 

ヨーグルトはデザートになりますし、いろいろなレシピもあるので
ヨーグルトが好きな人にとっては楽しく花粉症対策できるわけですが
ヨーグルトが嫌いな人にとっては、ヨーグルトを食べるのは苦痛でしょう。
ヨーグルトを健康対策としてしか見れない人には
ヨーグルトでの健康対策はあまりむいていない気がします。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA