副作用がないというメリット

ヨーグルトを食べるより病院の薬のほうが花粉症への効果が高い

ヨーグルトといった乳酸菌配合製品で花粉症対策をしようとすると
他の人が

 

そんなものより、病院に行って薬をもらったほうが効果がある

 

と言うかもしれません。

 

こういう考えの人はとにかく多いです。
世の中、病院が絶対だと思っている人が多いです。

 

ヤフー知恵袋で体調の不調を相談すると、十中八九
「病院にいきましょう」
という回答を目にします。

 

 

ヨーグルトを食べるより、病院に行って薬をもらったほうが効果が高い。
「たしかに・・・」と思う人もいるでしょうし、まさにそのとおりだと思います。
乳酸菌で花粉症対策をするより、薬のほうが効果は高いでしょう。

 

 

花粉症で病院に行くことも1つの選択肢です。

 

薬を飲みつつ、ヨーグルトを食べる花粉症対策をすることもできますからね。


 

ただヨーグルトを食べる花粉症対策には、病院の薬にはないメリットがあることも事実です。

 

効果だけの点を考えれば、ヨーグルトを食べる花粉症対策は、薬にはかなわないです。
でも他の点で、ヨーグルトを食べる花粉症対策が勝っている点があるということですね。

 

 

ヨーグルトで花粉症対策をするメリット

じゃあヨーグルトといった乳酸菌で花粉症対策をするメリットってどこにあるのかといえば

  • 副作用がない
  • 病院にいかずにすむ
  • ヨーグルトがおいしい

こういった点があるでしょう。

 

 

花粉症でアドバイスをする人は
花粉症への効果だけを考えて、副作用の心配はしないものです。
自分のことではないですからね。

 

乳酸菌摂取の花粉症対策を選択する人の多くが
「薬の副作用が苦手だから」
と言っています。

 

ヨーグルトでの花粉症対策の大きなメリットは、副作用がない点だといえます。

 

 

例を出すと、綺麗になりたくて、美容対策をいろいろしている人に
「綺麗になりたいのなら整形手術をすればいい」
と言ったらどうでしょうか。

 

たしかにそのとおりかもしれませんが、手間がかかりますし
その後の経過が不安になる人も多いでしょう。

 

 

ヨーグルトといった乳酸菌で花粉症対策をするのも
花粉症の薬に副作用がでる危険性があるからなわけで

 

安全に花粉症対策ができるというメリット

 

がヨーグルトといった乳酸菌配合製品にはあります。
もちろん、ヨーグルトも食べ過ぎると太ってしまったりするので食べすぎには注意ですが^^;

 

 

子供や女性にとっては、安全な花粉症対策をしたいものよね。

 

ヨーグルトを食べることは花粉症対策になるだけではなく、健康にいいことだから理想的だわ。


 

ヨーグルトで花粉症対策をするメリットは人それぞれ違うと思います。
そこを考えて、自分なりの答えを出してみてください。

 

 

薬はあくまで花粉症だけに対処する方法なのに対して
乳酸菌は、肌が綺麗になったり、便通がよくなったりするという
いろいろな効果がある点でも薬とは違っています。

 

 

花粉症の薬は、あくまでも花粉症の症状だけに効果を発揮する。
一方のヨーグルトの乳酸菌は、花粉症以外にもいろいろ体に良い影響があるという点もあります。

 

「薬のほうが花粉症に効果が高い」
という人は、男性に多いように感じます。

 

男性は自分の健康に自信があるというか、薬の副作用よりとにかく花粉症の症状をどうにかしたいという人が多いです。
一方の女性になると、妊娠したときのことを考えたりで、自分の体を大事にする人が多いイメージがあります。

 

 

ただ自分の感覚では、最近は男性より女性のほうがタバコを吸っていたりするイメージがありますね。
まぁ男性女性関係なく、人それぞれ考えは違うのでしょう。

 

自分の母親も、体調が悪くなったら、とにかく薬を求めるタイプですし。

 

 

花粉症の薬。
ヨーグルト似配合されている乳酸菌。

 

どれが正解とかはありません。
どの対策をするのかは、各自の判断になります。
もちろんどの対策をしないで、花粉が舞う時期を耐えるのもアリです。

 

花粉症という症状は、花粉が舞う時期が過ぎれば症状が治まりますから。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA