ヨーグルトで花粉症対策するときの即効性

ヨーグルトを食べても花粉症への即効性は低い!

ヨーグルトでの花粉症対策が

 

乳酸菌で腸を強くして自分の体を健康にするもの

 

だということは、前の記事で説明しました。

 

 

では、考えてみてください。

 

ヨーグルトを食べた瞬間に元気いっぱいになりますか?

 

これは多くの人が違うと考えると思います。
ヨーグルトを食べて、すぐに元気になることはないです。

 

 

 

ヨーグルトを食べて、ほうれん草を食べたポパイのようになるのならいいんだけど、そんなことにはならないからなぁ。


 

実際乳酸菌配合製品を販売しているメーカー側や乳酸菌を研究している人たちも

 

「即効性はない、最低でも3ヶ月は試してくれ」

 

といっています。
まぁ3ヶ月乳酸菌を摂取しても、効果が実感できる保障はないですけど。

 

 

ヨーグルトを食べても、すぐに花粉症がやわらぐ可能性は低いです。
ヨーグルトでの花粉症対策は、花粉が舞う2,3ヶ月前から食べるのが理想だとされています。

 

 

意識も
「ヨーグルトを食べて花粉症をやつける!」
ではなく
「ヨーグルトを食べて、自分の腸内環境を整える!」
という意識であるべきです。

 

そう考えることで、食事内容も変わってきますから。

 

 

 

 

案外早く効果を実感する人もいる

自分もたしかに断続してヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取したほうがいいと思っています。
ですが、自分的にこういうものは

 

案外早く効果がでたりするもの

 

だと思っています。

 

自分も毎日ヨーグルトを食べていますが、乳酸菌を夜に摂取した次の日の朝の肌の状態がよかったときがあったからです。

 

 

ヨーグルトを食べた人の口コミでは、「すぐに花粉症に効果がでた」という人も少なからずいるのよね。


 

たしかに腸を強くするというのは簡単なことではないかもしれません。

 

でも、乳酸菌の効果……いわゆる物を食べての効果は案外早くでたりすると自分は思っています。

 

油っぽいものを沢山食べると、次の日の肌の調子が悪かったりします。
さっぱりしたものを食べると、次の日の体調がよかったりしますよね。

 

 

それが、プラシーボ(偽薬)効果・・・いわゆる精神的なものなのかはわかりません。
少なくともいえることは

 

乳酸菌を摂取して悪いことはなにひとつない

 

ということです。
乳酸菌は腸の善玉菌を増やしてくれます。

 

 

人間花粉症以外にも、いろいろな病気にかかる可能性があります。

 

腸内環境を整えることは、便秘予防や大腸がん予防にもつながります。


 

花粉症対策にこだわらない気持ちがあるのなら、乳酸菌の摂取に手遅れも損もないと思います。

 

 

人間の体がフェアではないと思うのは、健康的な生活をしても、すぐには健康にはなりません。
でも、不規則な生活をすれば、簡単に体調が乱れるんですよね。
そして体調を崩すと、元にもどすのが大変なんです。

 

体調をよくするのは大変なことで、体調を崩すことは簡単なんです。

 

 

まさに人間の健康というものは「後悔先に立たず」です。
「体調を崩しても病院に行けば大丈夫」
こんなことを思っている人ほど危ないです。

 

 

 

 

 

乳酸菌を摂取して損ということはない!ヨーグルトを食べよう

たしかに花粉が舞う3ヶ月ぐらい前から乳酸菌を摂取する生活をおくるのが理想だと思います。

 

でも、乳酸菌を摂取して遅いということはありません。
花粉症に効果がでなかったとしても、あなたの体は乳酸菌によって健康になっているはずです。

 

 

腸内環境をがよくなることは、花粉症対策以外にもいろいろと健康にいいんです!!
人間、食事を食べることや、夜眠ることにいちいち意味を考える人はいないと思います。

 

 

食事を食べるときに
「この食べ物はどんな効果があるの?」
なんて人はいないと思います。

 

外食をして、注文するときに
「このハンバーガーはどのような効果があるの?」
なんて聞いたりする人はいないはずです。

 

 

夜寝るときに
「この睡眠にどんな効果があるの?」
と考える人もいないと思います。

 

小さな子供なら
「なんで寝ないといけないの!!」
なんていうかもしれませんけど。

 

 

同じようにヨーグルトを食べ、乳酸菌を摂取することに意味を考える必要はないはずです。
たしかにご飯を食べることは「おなかがすくから」。
夜眠ることは「眠いから」。

 

こういった生理現象ゆえにとる行動だったりします。
一方のヨーグルトを食べるというのは、別にしなくても人間どうにでもなります。

 

 

でもヨーグルトを食べることは健康にいいことです。
深く考えずヨーグルトを食べるのがおすすめです。

 

 

 

 

気が向いたらヨーグルトを食べよう!スーパーにいけば売ってる

いまさらヨーグルトを食べても、もう効果は期待できそうもないから食べなくてもいいや

 

的なことは考える必要はないと思います。

 

 

案外ポジティブ思考が、腸にかかる負担を軽減して花粉症に負けない体になることもあります。
花粉症対策というのは、なにがきっかけでうまくいくのかわからないものです。

 

 

ヨーグルトを食べたことで健康にいいことをした自信によって、花粉症に効果を発揮するかもしれないわよね。

 

不安な状態より、少しでも安心しているほうが、ストレスも溜めなくてすむわ。


 

ヨーグルトはスーパーにいけば沢山売っています。
そしてヨーグルトを買う人がみんな、健康効果を求めて買っているわけではありません。

 

デザートとしてヨーグルトを食べる人もいます。
ヨーグルトを食べることって、そんなに敷居が高いことではないです。

 

 

気が向いたらヨーグルトを買えばいいんです。
スーパーやコンビニに行ったら、ヨーグルトや乳酸菌配合商品を買ってみてください。

 

 

まとめると・・・

  • 乳酸菌の効果を実感するには3ヶ月ぐらい前から摂取するのが理想
  • 乳酸菌の摂取に遅いということはない

花粉症対策もいいと思います。
でも、それ以前に自分の健康のために乳酸菌を摂取するのがおすすめです。

 

 

人間健康にいいことを知っていても、それを実行できない人が多いです。
どうしても、健康な人ほど健康への欲求は低くなりがちです。

 

自分もヨーグルトを食べるようになったのは、アトピーやら潰瘍性大腸炎になって、腸内環境を整える重要性を知ったからだったりします。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA