花粉症にヨーグルトは嘘?毎日ヨーグルトを食べていて

花粉症にヨーグルトは嘘か?

花粉症対策にヨーグルトというのは、腸内環境を整え。
腸が免疫バランスを整えて、花粉症の症状を出させないというものです。

 

 

どっかの漫画で書いてありましたけど。
花粉症(アレルギー)というのは免疫の過剰反応なわけです。

 

 

ウルトラマンを想像してみてください。
怪獣が地球にでてきて、ウルトラマンが出動。
ウルトラマンが怪獣を倒そうとして、その戦いの場となった町が壊れます。

 

たしかにウルトラマンは怪獣から地球を守って、被害を最小限にしていますけど。
戦っている最中に建物が壊れてしまったりしているわけですね。
これが花粉症の症状ってことですね。

 

つまり

  • 怪獣(花粉)
  • ウルトラマン(免疫細胞)
  • 戦いで壊れる建物等(花粉症の症状)

こういうわけです。

 

 

で、ヨーグルトを食べるというのは、乳酸菌で腸内環境を整えて免疫細胞を整える。
要はウルトラマンに
「おまえさぁ、がんばってくれているのはわかるんだけど、もうちょっと静かに怪獣を倒してくれない?」
な感じにするわけですね。

 

もっと具体的にいえば
「カネゴンぐらいなら、いちいち退治しなくていいから。ほっとけよ」
なことをウルトラマンに通達するわけですね。

 

 

花粉症の症状が出ない人は、花粉を吸いこんでも免疫細胞が
「まぁこのぐらいなら、ほおっておいても大丈夫だろ」
な感じで放置をしているにすぎないわけです。
過剰な反応を起こしていけないといえます。

 

 

まぁそんな感じでヨーグルトの花粉症対策というのは

  • 乳酸菌で腸内環境を整える
  • 腸が免疫細胞を整える

こういう理屈なわけですね。

 

 

でもこれは結局理屈なわけですよ。
こういう風にうまくいかないときだってあるでしょ。

 

そういう風になると
「ヨーグルトで花粉症がでないなんて嘘!」
なんてなる人もいるというか。

 

むしろ
「ヨーグルトで花粉症が悪化したぞ!」
な感じになる人もいると思います。

 

 

いや、ヨーグルトで花粉症が悪化するなんていうのは、理屈的には無理があるんですけど。
結果的に、本人がそう思ったのならそうなんだと思います。

 

 

それがなんとなくわかるのは、自分は毎日ヨーグルトを食べていますけど
【たまに便秘や下痢になる】
からです。

 

毎日ヨーグルトを食べているのに、おなかの調子が悪くなることがあるんです。

 

 

 

 

 

限界がある

毎日ヨーグルトを食べているのにおなかの調子が悪くなることがある…。
でもそれはしょうがないことだと自分は思います。

 

 

むしろ
【毎日ヨーグルトを食べていれば、絶対におなかの調子が悪くならないほうが無理】
だと思います。

 

 

スポーツの世界とかもそうですけど。
体の小さい人が、猛特訓しても、なかなかプロにはなれないんですよ。

 

たしかに体が小さいのに、プロになっている人もいますよ。
でも、そういう人も別の才能があったりします。
動きが速いとか、そっち系ね。

 

 

でもやっぱり100m走になると、黒人選手がたくさんいたり。
一方で水泳になると、黒人選手がほとんどいないのは。
人間限界というものがあるからだと思います。

 

 

どんなに健康に気を使っていても、人間歳をとりますから。
プロの世界をみていると、一時期は最高プレイヤーというか。
シーズンMVPを受賞した選手でも、歳をとれば引退しますよね。

 

 

だから、どんなにがんばっても無理なことってあります。
そもそも健康なんていうものは、私生活もありますけど、遺伝的な影響も大きいんですよ。

 

顔だって、遺伝的影響が大きくて。
それをどうにかしようとしても、限界というものがあると思うんです。

 

 

だから、どんなにおしゃれ情報誌を見て
「あんたがいうコーディネイトにしたけど、ぜんぜん似合わないぞ!」
って人もいると思います。

 

そういう人が
「嘘つきやがって!」
な感じになるのはわからなくもないです。

 

 

 

 

 

ヨーグルトを食べることがそこまで嫌か?

でもヨーグルトって1個100円から200円ぐらいでしょ。
それを続けてもダメで
「ふざけんな!」
みたいな感じで切れるのも、そこまでか?

 

 

だってヨーグルトって
「好きだから食べてます」
って人もいるでしょ。

 

子供のころはヨーグルトなんて、デザートでしか食べていなかったでしょ。
親がヨーグルトを買ってきたら
「健康に気を使いたいので、ヨーグルトを食べてもいい?」
なんていう子供なんていないはず。

 

 

なのに花粉症対策としてヨーグルトを買うと
「てめー、嘘言いやがって」
みたいな感じで、ヨーグルトを買ったことで人生狂ったな感じでブチ切れるのもどうかと思います。

 

そして、ヨーグルトを買うというお金の使い道が、そんなにダメなお金の使い方か?
人間、ヨーグルトでいちいち怒っていたら、もっと怒りたくなるようなお金の使い方っていろいろある気がします。

 

 

はぁ〜?
自分的には、でんぢゃらすじーさん好きなんで、別にお金の無駄とか思っていませんよ!

 

 

そんな感じで、ヨーグルトを買うのが
「お金の無駄じゃね?」
と思うのなら、買わなければいいと思うんです。

 

でもそういう人は、どんなことにお金を使っているのかむしろ知りたいわ。

 

 

自分が毎日ヨーグルトを食べているのは、単に
「ヨーグルトにお金を払うのは悪くない」
と思っているから続いているわけで。

 

別に
「ヨーグルトを毎日食べている俺すげーだろ!」
なことを思っているわけでもないです。

 

最近はジョギングも始めましたけど。
それも自分のためというか。
自分の健康のためにやっているわけで。

 

 

結局ヨーグルトを買うも買わないも、自分のためでしかないと思うので
「あいつがヨーグルトがいいって言っていたから、しょうがないから買うか」
みたいなしぶしぶな感じだったら、買わなくてもいいような気がします。
いや、自由なんで、買うも買わないも自由なんですよね。

 

 

人間平等にあるのは、寿命というか、いつかは死が待っているということですね。
どんなに健康に気を使っても、不老不死はありえないわけです。

 

 

最近は
「健康寿命を延ばそう!」
なんて言われていますけど。

 

どんなにがんばっても寿命はありますし。
そもそも健康に気を遣わなかったら、いくつまで健康でいられるのか?
健康に気を使ったから、長く健康でいられるのか?
それもわからないです。

 

 

人間がんばったら
「がんばらなかったら、今どうなっていたのか?」
なんてわからないです。

 

逆にがんばらなかったら
「がんばっていたら、今どうなっていたのか?」
なんてわからないです。

 

たらればの話をしてもどうにもならないから。
後悔するぐらいなら、やっておくって感じの人が多い気がします。

 

 

でも花粉症なんて、花粉が舞う時期が過ぎればどうにかなるんですから。
我慢するっていうのもありなのかもしれませんね。
副作用があるといっても、その間だけ薬に頼るのも別に悪くないのでは?

 

単にヨーグルトと花粉症の関係というのは
「腸が健康になれば、花粉症の症状がでないかもよ」
という可能性の話であって、確実性はまったくないと思いますね。

 

そもそもヨーグルトを食べなくても、腸をどうにかすればいいのだから。
ヨーグルト以外の腸に良いものでもいいんですよ。

 

単に腸を良くする食べ物で、ヨーグルトが手に入りやすいから、ヨーグルトがあげられているだけだと思います。
あとは納豆ね。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA