腸と花粉症

花粉症にいいヨーグルト,なぜヨーグルトが花粉症にいいのか

ヨーグルトで花粉症対策をするというのは
ヨーグルトが花粉をやつけてくれるというわけではありません。

 

 

あくまで

 

あなたの体自身が花粉に打ち勝つ力をつける

 

ものなんです。
もっと詳しく言えば

 

人間の腸を強くして花粉症に負けない体を作りましょう

 

ということです。

 

 

花粉が体内に入っても、動じない体を作ること。
それがヨーグルトを食べる花粉症対策の目的なんだ。


 

花粉症はアレルギーなので、花粉が入ってきて体が花粉を危険物だと認識して、その結果

  • くしゃみ
  • 鼻水

こういう症状がでるわけです。

 

どっかの漫画で説明されていましたけど。
アレルギーの症状というのは、ウルトラマンが怪獣をやつけようとして、そのとばっちりで建物が壊れることだと説明していました。

 

用は

  • ウルトラマン(免疫力)
  • 怪獣(花粉)
  • 戦いで壊れる建物(くしゃみや鼻水)

こういうことですね。

 

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌は腸内環境を整えます。
腸を健康にすれば人間の体は健康になるんです。

 

さっきの例でいえば
「周りに被害を出さないように、ウルトラマンや建物をもっと優秀にさせよう」
ってことです。

 

 

最近はテレビでも腸内環境をよくすることの重要性が紹介されています。
腸内環境を整えるというのは、昔は便秘改善ぐらいにしか注目されていませんでした。

 

でも今では腸を健康にすることで、さまざまな効果があるとされています。
花粉症予防効果もその1つです。

 

 

 

 

 

花粉症は免疫バランスが過剰に反応して出る症状

花粉症は、花粉が体内に入り免疫バランスが崩れ、過剰に免疫が反応することで、鼻水、くしゃみ、涙(目のかゆみ)などの症状がでます。

 

なぜ免疫バランスが崩れるのかというと、花粉が体内に入り、それを脅威だと体が感じているからです。
必死で体内に入り込んだ花粉を外に出そうとします。

 

 

ではなぜ同じく花粉が体内に入り込んでいるのに、花粉症の症状がでない人がいるのか…。
その理由をわかりやすく言うと
【花粉を大きな脅威だと体が感じていないから】
だといえます。
自分の体の中で花粉をどうにかするだけの力があるから、花粉を外に排出させようと必死になる必要がないわけです。

 

 

この花粉を脅威だと感じる体の人と、花粉を脅威だと感じていない体の人の差は

 

免疫力

 

にあります。

 

 

乳酸菌摂取の花粉症対策は簡単にいうと

 

免疫力をつける

 

ということになります。
最近は言葉を選ぶ人も多いですけどね。

 

「免疫力を強化するのが大事ではなく、免疫力を整えるのが大事」
だという人がいます。
でも、免疫力を強化する方法も、免疫力を整える方法も同じなので、言葉遊びにしかすぎません。
めんどくさい人間はどうしてもいます。

 

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸内環境を整える効果があります。
腸内環境を整える免疫力アップで、花粉症をどうにかしようというわけですね。

 

 

免疫力が低いと、花粉が体内に入ると免疫細胞が脅威だと感じ、くしゃみや鼻水などで花粉を体外にだそうとするんだ。

 

免疫力が高いと、花粉が体内に入っても免疫細胞が適切な対応をしてくれて、花粉症の症状がでないんだ。


 

子供の喧嘩になると、子供同士はムキになると思います。
でも大人と子供の喧嘩になると、大人はムキにならないと思います。
子供が罵詈雑言を言ってきても、うまく受け流すことができるわけですね。
これがいわゆる花粉症の症状が出ない人です。

 

大人げない人になると、子供に対してもすぐにむきになる人もいるかもしれません。
これがいわゆる過敏症状であり、花粉症の人だと言えます。

 

 

まとめると、花粉症というのは人間の防衛反応。
その防衛反応が過剰にでてしまうから、花粉症の症状が出る。

 

腸内環境を整えることにより、免疫細胞の過剰な防衛反応を防止して、花粉症予防につながるわけです。

 

 

 

 

 

ヨーグルトを食べるのは自分の体を健康にする花粉症対策

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、たしかにアレルギーに強いという特徴があり、いろいろな研究結果や実験結果が発表されています。

 

それらをみて乳酸菌が花粉症をどうにかしてくれるようなことを説明している人もいます。
でも実際のところは、自分の体を健康にして花粉症対策をするわけです。

 

 

なので、花粉症にいいヨーグルトを食べていたとしても

  • 不規則な生活をおくっている
  • 暴飲暴食をしている
  • 腸に負担がかかる食べ物を食べている
  • 過度なストレスを感じている

こういうことをしていたら、花粉症への効果は実感しにくいです。
自分の体が健康になりませんから。

 

 

なので、花粉症にいいヨーグルトを食べる以前に

 

自分の体の健康に気を使うことは最低限しなければいけません

 

逆にいえば、自分の健康に気をつけて、腸が健康な状態なら
ヨーグルトを食べなくても、十分花粉症に対する抵抗力はついているといえるでしょう。

 

 

自分は毎日ヨーグルトを食べています。
でも不規則な生活をすれば、体調を崩します。

 

ヨーグルトを食べ乳酸菌を摂取することと、不規則な生活が戦ったら、余裕で不規則な生活が勝ちます。
ヨーグルトを食べ、かつ規則正しい生活を送ることで、人間健康に近づけるわけです。

 

 

ただ人間って歳をとればとるほど、生活が乱れるんですよね。
子供の頃は早寝早起きをしていたのに、思春期になると
「いやー、昨日まったく寝てないんだよねぇ」
と、寝てない自慢をする人がいる感じです。

 

「忙しい忙しい」
とくだらないことをして忙しいアピールをしている人がいる感じです。

 

おじいちゃんおばあちゃんになれば、また規則正しい生活になるのでしょうけど。

 

 

ヨーグルトにすごい効果があるのかというと、そういうわけではないと思います。
でも自分は毎日ヨーグルトを食べています。

 

毎日ヨーグルトを食べているのは、別に趣味とか、意地とか、そういうわけではないです。
食べるメリットがあると思っているから食べているわけで。

 

 

そう聞くと
「すごい効果があるわけでもないのに、毎日ヨーグルトを食べるメリットがあるの?」
と疑問に思う人がいるかもしれません。

 

人間の体を健康にするっていうのは、なかなか難しいことです。
健康に良い食べ物の名前をあげようとしても、なかなかでてこないと思いますし。
それをずっと続けることは、かなり困難だと思います。

 

 

用はヨーグルトは
【健康(腸)に良い食べ物で、続けやすい】
って特徴があるわけですね。

 

「俺はヨーグルト以上に健康によくて、毎日食べているものがあるぜ!」
っていうのなら、それでもいいと思います。

 

でも、別に健康にいいものを1つだけに限定する必要もないわけで。
自分はヨーグルトを毎日食べていますが、納豆も週4,5ぐらいで食べています。
ジョギングも外が走れるようならやっています。

 

人間の健康なんていうのは、健康に良いことの積み重ねによって効果があるものだと思います。
後はどうするのかは、それぞれの自由ってことですね。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA