花粉症と病院 ヨーグルト効果

花粉症対策をするのなら病院に行き薬をもらったほうがいい?

このサイトは花粉症をヨーグルトの乳酸菌の効果でどうにかしようというのを紹介しています。

 

 

でも花粉症になったのなら病院に行き薬をもらったほうが効果は高いと考える人も多いと思います。

 

実際自分もヨーグルトを食べるより薬を飲んだほうが効果も確実性も高いと思います。
ヨーグルトを食べるというのは、健康に良いことの1つでしかないですからね。
ヨーグルト(乳酸菌)は花粉症への効果というより、花粉症予防に近いです。

 

 

ただ効果が強いものには副作用がでる危険性があります。
薬というのものは、毒を毒で制すというように、より強い効果で症状を封じ込めるものです。

 

そもそも花粉症というのは、体の中の免疫バランスの異常なわけで。
体になにか悪いものがあるわけではないんですよね。
体が花粉が入ってきて
「危険だ!」
と過敏になっているだけなんです。

 

 

花粉症の薬によくみられる副作用としては

  • めまい
  • 眠気

この2つが有名です。
特に眠気はよく言われている気がします。

 

花粉症の症状は一時的に治まってもめまいがでたり、眠くなってしまっては本末転倒な人もいるかと思います。

 

 

 

 

イメージによる効果

副作用がでたり、健康に良いわけではない薬を飲むより、ヨーグルトを食べてどうにかしたほうがいいです。
でもそんなのは理想でしかないです。

 

 

自分は薬に対して否定的というか、あまり好んでいませんけど。
そこまで抵抗を持つものでもなく、一度試してみるのも悪くないと思っています。

 

自分は単に病院に行くのがめんどくさいから、そっちの関係で薬を飲まないところもあるんですけどね。

 

 

うちの親は、体調を崩したらとにかく病院に行って薬をもらうようにしています。
その薬がなにかよくわかっていなくても
「病院が処方してくれた薬」
という点で、効果があると信頼しているのだと思います。

 

実際そういう人は多いんです。
そもそもヨーグルトと薬だったら、そりゃ病院の薬のほうが効果が高いように思いますよね。
ヨーグルトなんて、単なる食品ですよ。

 

 

たしかに最近ヨーグルトの健康効果は注目を集めていますけど。
結局ヨーグルトは食品です。

 

自分も体調が悪いときは、納豆をよく食べますけど。
そんな感じで、ゆるーい効果というかな。
体の中のバランスの話であって、悪い症状を改善するとかそういうことを思って食べているわけではないですからねぇ。

 

 

そこらへんは人それぞれの判断になると思います。
まぁそもそもそんなことを言っていたら、サプリメントだって健康食品でしかないですからね。

 

 

乳酸菌サプリメントになると、ヨーグルトを食べるより効果が高いと思っている人もいるかもしれませんが。
乳酸菌サプリメントも乳酸菌を手軽に摂取できるようにしたものでしかないんですよねぇ。

 

 

言いたかったことは、その人がどう思っているのかで効果は変わるってことです。
病院を信頼している人でも
「あそこの医者がヤブ医者だ」
と噂になっているところの薬では効果がないように感じる人もいると思います。

 

 

 

 

現実と理想

基本薬に頼るのは

  • 今すぐ楽になりたい
  • どうしてもはずせない用事がある

こういう感じです。

 

アニメや漫画、ドラマなんかでは。
薬はどんな病気も治す健康に良いものな感じで扱われていますけど。

 

薬というのは、健康なときには飲みませんよね。
だから薬を飲むのは、少なからず体に負担をかけています。

 

 

花粉症の薬は、眠気がでたりしますけど。
花粉症の薬だから副作用があるとかではなく、基本どんな薬も効果が強いものほど副作用も強くでやすいというのをおぼえておくべきだと思います。

 

 

まぁ人間生きていると、どうしてもはずせない用事とかありますから。
そんなとき、鼻水だらだら、くしゃみ連発とかになると、どうにもなりませんからね。
花粉症に対して、ちゃんと薬があるというのは助かりますよねぇ。

 

 

花粉症対策としては、他にも

  • メガネ
  • べにふうき
  • 甜茶

こういったところも有名ですよね。

 

 

今では日本人の多くの人が花粉症に困っているといわれています。
それゆえに、メーカーも花粉症対策としていろいろなグッズを販売しています。

 

自分にあった花粉症対策を選べばいいと思います。
花粉症対策がいろいろあるという点では、ある意味恵まれた時代ともいえるのかもしれません。

 

 

ヨーグルトで花粉症対策するのを、否定的に考えている人もいます。
「病院の薬のほうが効果がある」
という人も多いです。

 

でも、病院の薬には副作用がある、それゆえにいろいろな花粉症対策グッズがあります。
まぁメーカーも商売ですから、そういった製品の需要があるから製品を出しているわけです。
どれを選択するのかは、こちらに権利があります。

 

 

病院の薬のデメリットとしては、他にも

  • 病院にいくのがめんどう
  • 病院の待ち時間がいや
  • 病院代がかかる
  • 薬がなくなったら、また病院にいく必要がある

こういった点もあげられます。

 

たしかに「病院の薬が効果がある」と言うほうは簡単です。
でもただでさえ花粉症でつらい時期に、病院(外)にいきたいと思う人は少ないと思うんですけどねぇ。
まぁ花粉症はうつらない(?)のでそこはよかったですよね。

 

インフルエンザで病院に行くのって、どうも違和感があったりします。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA

【効果】ヨーグルトを食べるより病院で粉症の薬をもらったほうがいい?関連ページ

【花粉症】甜茶が効果がある!健康に良い甘い中国茶!アレルケア甜茶パワープラスも
花粉症対策として甜茶が効果があるとされています。アレルケアには甜茶を含んだL-92乳酸菌のサプリメントもあります。
ストレスが花粉症悪化につながる?
花粉症対策というのは、効果がどうのこうのではなく、花粉症対策をしているということが、ストレスを発散させてくれるのではないでしょうか。
花粉症対策は期間限定でいける
花粉の舞う時期は季節によって決まっているので、花粉症対策は時期を決めてとることができます。
乳酸菌はヨーグルト以外のものにも含まれている
乳酸菌はヨーグルト以外のものにも配合されているので、それらを食べるのも花粉症対策になるといえるでしょう。
薬以外の花粉症対策になるといつまで続けるべきなのか?
薬以外の花粉症対策になると、その対策自体は健康にいいものが多いでしょうから、いつそういった花粉症対策をやめにするか迷う人も多いと思います。
花粉症の原因の1つにTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れているというのがある
花粉症の原因として、Th1細胞とTh2細胞のバランスが崩れているというのがあります。
病院の薬とヨーグルトでの花粉症対策のメリット
病院に行き薬をもらう花粉症対策と、ヨーグルトを食べて乳酸菌で花粉症対策をするメリットをあげてみます。
11月ごろから花粉症対策はすべき?
免疫力を高めて花粉症に打ち勝つのなら、11月ごろから対策をはじめるとよいとされています。
乳酸菌での花粉症対策は副作用の心配がない
乳酸菌で花粉症対策をするメリットとして、副作用の心配をしなくてすんだり、体への負担がないという点があげられます。
免疫力を向上させて花粉に負けない体を作る
花粉症対策の基本は免疫力を向上させて花粉に負けない体を作るということにあります。
花粉症の症状は免疫バランスが崩れているからでる
花粉症と一言で片付ける人がいますが、花粉症とは花粉症の症状がでるのではなく、鼻水、目のかゆみ、くしゃみといった症状がでることなんです。
乳酸菌での花粉症対策は効果がでているのかどうか判断しづらい
乳酸菌での花粉症対策は、免疫力をあげるというものなので、効果を判断しづらいところがあります。
花粉症さえどうにかできればそれでいいのか?
花粉症の時期になるとあたりまえですが、花粉症対策がいろいろでてきます。でも「花粉症さえどうにかできればそれでいいの?」と思ったりもします。
ヨーグルトの花粉症対策は健康にもつながっている
ヨーグルトの花粉症対策は健康につながっているので、気づかないところで悪い症状の予防になっています。