ヨーグルトの食べ方

プレーンヨーグルトになにかをいれて食べる?

プレーンヨーグルトは基本砂糖などが入っていません。

 

子供にとっては、砂糖もなにもいれていないヨーグルトは甘くないのでおいしくないという子供も多いと思います。

 

 

自分も子供の頃は、甘くない無糖タイプのプレーンヨーグルトはあまり好きではありませんでした。
そのまま食べることはせず、砂糖などを入れて甘くして食べていました。

 

 

実際のところ大人でも、砂糖の入っていないヨーグルトはそれほどおいしいとは感じないと思います。
自分はいまでは普通に無糖タイプのプレーンヨーグルトをそのまま食べたりします。
むしろそれがおいしいと思ったりもしますが。

 

うちの親は、甘くないヨーグルトは
「おいしくない」
と言って食べませんから。

 

 

ただ無糖タイプのヨーグルトに砂糖をいれて、市販されている加糖ヨーグルトぐらいの味にするには、そうとうの砂糖をいれないと、似たような甘さにならないです。
そう考えると市販されている加糖ヨーグルトが、どれだけ砂糖が使われているのかわかると思います。

 

 

そして砂糖ってやっぱり健康にはよくないんですよ。
砂糖は悪玉菌を増やす餌になると言われていますし。

 

 

 

ヨーグルトの中に何を入れるのがいい?

ヨーグルトの中にいれて食べるものは砂糖以外にもいろいろあります。
ざっとあげてみると

  • 砂糖
  • ジャム
  • はちみつ
  • カルピスの原液
  • コーンフレーク
  • 果物
  • アイス
  • メープルシロップ

こんな風にあげればきりがありません。

 

 

自分的におすすめなのは定番になりますけど

 

はちみつ

 

かな。

 

はちみつはヨーグルトの中にいれてまぜるのではなく
はちみつをヨーグルトにかけて食べるとおいしいです。

 

 

 

こんな感じで、はちみつとヨーグルトを分けて皿にいれて

  • はちみつ=カレールー
  • ヨーグルト=ご飯

こんな感じで考えてカレーを食べるときのように、はちみつとヨーグルトを食べるとおいしいのでおすすめです。

 

 

そしてはちみつのほうにもいろいろな種類があります。
ヨーグルトにもいろいろな種類があり、組み合わせで味が変わったりもするでしょう。

 

うーん!ヨーグルトって奥が深い!

 

 

 

 

健康だけではなく味にもこだわるとおもしろい

花粉症対策でヨーグルトを食べるのもいいと思います。
でもヨーグルトの食べ方にこだわってみると、新たな趣味となるかもしれません。
ヨーグルトをいつも同じ食べ方で食べていると飽きちゃいますしね。

 

いろいろな食べ方をして、自分が一番好むヨーグルトの食べ方をみつけだす。
そうすれば花粉症対策以外にもデザートとしてヨーグルトを楽しむ娯楽的なメリットもでてきます。

 

 

ヨーグルトが嫌いだという人は、ヨーグルトの食べ方が下手というか、自分があまり好まない食べ方でヨーグルトを食べているんだと思います。
ヨーグルトはおいしく食べないと損ですよ!

 

乳酸菌の種類でヨーグルトを選ぶのもいいと思います。
健康目的でヨーグルトを食べている人は、乳酸菌の種類でヨーグルトを選びたくなります。

 

 

でも、毎日ヨーグルトを食べている人は
「おいしくヨーグルトを食べる方法を知っている」
人が多いと思います。

 

プレーンヨーグルトさえかえば、後はおいしくヨーグルトを食べる工夫ができるわけですから。

 

 

ヨーグルトって子供の頃は味メインで食べていたはずです。

 

でも大人になって
「健康にいい」
とわかると、健康目的でしか食べなくなる人が多い気がします。

 

 

でも大人になっても味目的で食べていいんですよ。
なぜか健康のために食べるとなると
「効果がなかったら食べるのが無駄」
と考える人がでてくるので、なんとも困ってしまいます。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA

ヨーグルトになにをいれて食べる?関連ページ

ヨーグルトのメリットはどこにあるのか
ヨーグルトの魅力を考えます。ヨーグルトは花粉症への効果だけではなく、いろいろとメリットがあります。
普通の乳酸菌でも効果はある
花粉症にはヨーグルトがいいといわれているように、別に花粉症に優れた乳酸菌にこだわらずとも、普通の乳酸菌でも花粉症対策には十分なるといえます。
普通のヨーグルトでは花粉症に効果はない?
花粉症に良いとされるヨーグルトがありますが、一般の普通のヨーグルトでは花粉症対策にならないのでしょうか。
花粉症のためだけにヨーグルトを食べるのはもったいない
ヨーグルトは花粉症対策として以外でも、肌が綺麗になったり、便通がよくなったりなど、いろいろといい効果があります。
スーパーでもコンビニでも買えるのがヨーグルト
ヨーグルトはなんだかんだで手に入りやすいです。そんな大げさな花粉症対策をしなくても、身近なところで花粉症対策ができるわけです。
死菌となった乳酸菌でも効果はある
乳酸菌は生きたまま腸まで届けることで効果が高いとされていますが、死菌となった乳酸菌でも効果はあります。
普通のヨーグルト(乳酸菌)では効果がないは本当か?
花粉症には普通のヨーグルト(乳酸菌)では効果がないといわれていますけど、それは本当のことなのでしょうか?
ヨーグルトが好きならヨーグルトで花粉症対策をすればいい
ヨーグルトが嫌いな人がわざわざヨーグルトで花粉症対策をする必要はありません。ヨーグルトはおいしいので楽しく花粉症対策ができるもので、ヨーグルト好きな人がヨーグルトで花粉症対策をすればいいんです。
ヨーグルトはいつ食べるのが効果が高いか
ヨーグルトはいつ食べるといいのでしょうか。理想としては、食後が胃酸が弱まり、乳酸菌が胃酸の影響をうけにくく生きて腸にとどまりやすいとされています。
ヨーグルトを食べるのは簡単でも、続けるのは難しい
ヨーグルトを食べるというのは簡単ですが、続けるのは難しいです。その理由を紹介します。
ヨーグルトは特別なものではない
冷静に考えてみると、ヨーグルトなんて花粉症のために存在しているわけでもなく、デザートのためにヨーグルトを購入したことがある人も多いと思います。
ヨーグルト以外のデザートが甘すぎるのかもしれない
ヨーグルトはさっぱりしていますが、他のデザートは基本甘いものが多く、健康にいいものは限られています。
ヨーグルトの花粉症対策は花粉症がブームになる3ヶ月前からおこないたい
ヨーグルトでの花粉症対策は花粉症が流行する3ヶ月ぐらいまえからおこないたいところです。
花粉症に効くヨーグルトを食べるのはプラセボ効果を期待してか?
花粉症に効くヨーグルトを食べるのはプラセボ効果によるところが大きいように感じます。
ヨーグルトは腸の病気を予防する食品
ヨーグルトは花粉症に効果が期待できるだけではなく、腸の病気の予防にもつながります。花粉症の流行以後も断続して食べてほしい食品です。
世界一受けたい授業でヨーグルトの花粉症への効果が紹介された
テレビ世界一受けたい授業でヨーグルトの花粉症への効果が紹介されました。