普通のヨーグルト

普通のヨーグルトでも乳酸菌は配合されている!乳酸菌は摂取したもの勝ち!

このサイトでは花粉症に効果が高い乳酸菌を配合した製品を紹介しています。

 

 

 

たしかに乳酸菌の質にこだわるのもいいと思います。
ただそれ以上に

 

乳酸菌を断続して摂取する

 

ことが花粉症対策になるといえます。

 

 

 

乳酸菌は3ヶ月を目安に摂取しよう

乳酸菌の効果を実感するために、3ヶ月ほど乳酸菌を摂取するのが理想とされています。

 

3ヶ月質の高い乳酸菌を摂取するより、1年普通の乳酸菌を摂取したほうが効果は高いと思います。

 

簡単な例をだすと、毎日ジョギングをしている人。
3ヶ月前に急にハードなジョギングの練習をし始めた人。
この2つなら毎日ジョギングをしている人のほうが、いろいろと慣れていてスタミナはついていると思うんです。

 

 

たしかにジョギングを例にだすと
3ヶ月みっちり走れば、ずっと走り続けている人を抜ける
と考える人もいるかもしれません。

 

でも、乳酸菌となると、たしかに質の高い一般の乳酸菌より強い乳酸菌はあります。
でもその乳酸菌が普通のの乳酸菌よりずばぬけて効果が高いわけでもないかと。

 

そもそも普通の乳酸菌ってなに?
質の高い乳酸菌との区別はどこでするの?

 

生きて腸まで届きやすい乳酸菌だったとしても、人間の胃酸でほとんどが死菌になります。
そうならないと困るんですよ。

 

だって、胃酸が働いてくれないと、悪い菌が死菌にならずに体内に入ってしまいます。
胃酸が良い菌だけ死菌にせずに体内に入り込ませるなんてひいきはしてくれないものです。

 

どんなに胃酸になりにくい乳酸菌だったとしても、限界があるかと思います。

 

 

 

 

乳酸菌を摂取することが大事!質はその後

花粉症にいい乳酸菌を摂取する以前にまずは乳酸菌を摂取するのが大事です。

 

たしかに一般の乳酸菌だと、生きて腸に届かず死菌となってしまいます。
でも死菌でも腸にはいい効果をもたらすといわれています。
そして質の高い乳酸菌でも、生きて乳酸菌が腸まで届く可能性は低いです。

 

乳酸菌の質を求めるより、乳酸菌の摂取の回数を増やしたほうが効果的です。
1日1回より、1日3回乳酸菌を摂取したほうが効果が高いと考えられます。

 

食事も最近は1日3食より、1日5食や1日6食など回数を増やしたほうがいいと考えれられています。
もちろんその分1食に食べる量は減るわけですけどね。

 

 

たしかにヨーグルトにもいろいろあります。
あまりにも砂糖が入りすぎているヨーグルトは効果がイマイチかもしれません。

 

でもヨーグルトには乳酸菌が配合されているのはたしかです。
乳酸菌を摂取すれば、腸内環境が整う期待は持てます。

 

 

最近のヨーグルトは、有名メーカーのものは、それなりに強い乳酸菌を配合しています。

 

 

そういう点でも普通の乳酸菌ってよくわからないです。
最近はどのヨーグルトにも質の高い乳酸菌を配合していると思いますよ。

 

そしてどの乳酸菌が優れているのかなんていうのは、相性で決まります。
1つのメーカーがいろいろな乳酸菌を配合したヨーグルトを出していたりもします。

 

そしてすべての乳酸菌に
「この乳酸菌は質が高い!」
「生きて腸まで届く乳酸菌!」
なんてアピールしているわけですから。

 

いちいち
「質が高い乳酸菌」
「生きて腸まで届く乳酸菌」
なんてことを真に受けていたら、どんな製品でもものすごい効果がある製品なはずですよ。



目次

【花粉症に有効な乳酸菌一覧】

【L-92乳酸菌配合製品】
アレルケア守る働く乳酸菌

【KW乳酸菌配合製品】
ノアレ

【BB536乳酸菌配合製品】
森永ビヒダスヨーグルトちょーぐると

【乳酸菌シロタ株配合製品】
ヤクルトジョア

【L-55乳酸菌配合製品】
オハヨーののむヨーグルトセブンイレブンののむヨーグルト

【フェカリス菌配合製品】
朝のYoo新ラクトーンA

普通の乳酸菌でも効果はある関連ページ

ヨーグルトのメリットはどこにあるのか
ヨーグルトの魅力を考えます。ヨーグルトは花粉症への効果だけではなく、いろいろとメリットがあります。
ヨーグルトになにをいれて食べる?
無糖タイプのヨーグルトはそのまま食べてもいいと思いますが、なにかをいれて食べるとよりおいしくなります。ヨーグルトになにをいれて食べるとおいしいのか紹介します。
普通のヨーグルトでは花粉症に効果はない?
花粉症に良いとされるヨーグルトがありますが、一般の普通のヨーグルトでは花粉症対策にならないのでしょうか。
花粉症のためだけにヨーグルトを食べるのはもったいない
ヨーグルトは花粉症対策として以外でも、肌が綺麗になったり、便通がよくなったりなど、いろいろといい効果があります。
スーパーでもコンビニでも買えるのがヨーグルト
ヨーグルトはなんだかんだで手に入りやすいです。そんな大げさな花粉症対策をしなくても、身近なところで花粉症対策ができるわけです。
死菌となった乳酸菌でも効果はある
乳酸菌は生きたまま腸まで届けることで効果が高いとされていますが、死菌となった乳酸菌でも効果はあります。
普通のヨーグルト(乳酸菌)では効果がないは本当か?
花粉症には普通のヨーグルト(乳酸菌)では効果がないといわれていますけど、それは本当のことなのでしょうか?
ヨーグルトが好きならヨーグルトで花粉症対策をすればいい
ヨーグルトが嫌いな人がわざわざヨーグルトで花粉症対策をする必要はありません。ヨーグルトはおいしいので楽しく花粉症対策ができるもので、ヨーグルト好きな人がヨーグルトで花粉症対策をすればいいんです。
ヨーグルトはいつ食べるのが効果が高いか
ヨーグルトはいつ食べるといいのでしょうか。理想としては、食後が胃酸が弱まり、乳酸菌が胃酸の影響をうけにくく生きて腸にとどまりやすいとされています。
ヨーグルトを食べるのは簡単でも、続けるのは難しい
ヨーグルトを食べるというのは簡単ですが、続けるのは難しいです。その理由を紹介します。
ヨーグルトは特別なものではない
冷静に考えてみると、ヨーグルトなんて花粉症のために存在しているわけでもなく、デザートのためにヨーグルトを購入したことがある人も多いと思います。
ヨーグルト以外のデザートが甘すぎるのかもしれない
ヨーグルトはさっぱりしていますが、他のデザートは基本甘いものが多く、健康にいいものは限られています。
ヨーグルトの花粉症対策は花粉症がブームになる3ヶ月前からおこないたい
ヨーグルトでの花粉症対策は花粉症が流行する3ヶ月ぐらいまえからおこないたいところです。
花粉症に効くヨーグルトを食べるのはプラセボ効果を期待してか?
花粉症に効くヨーグルトを食べるのはプラセボ効果によるところが大きいように感じます。
ヨーグルトは腸の病気を予防する食品
ヨーグルトは花粉症に効果が期待できるだけではなく、腸の病気の予防にもつながります。花粉症の流行以後も断続して食べてほしい食品です。
世界一受けたい授業でヨーグルトの花粉症への効果が紹介された
テレビ世界一受けたい授業でヨーグルトの花粉症への効果が紹介されました。